一人暮らしを始めてみたけどさびしい人は読んでください。

一人暮らしって意外と寂しい。
独り暮らしを始めてみたはいいけど「意外とやることがなくて寂しかった」と感想を漏らす人は意外なほど多いです。学業や仕事で忙しくて仕方がない!と言う人はそんなことも気にならないのかもしれませんが、最近は労働環境の改善の観点からあまり残業させてもらえずサラリーマン全体の帰宅する時間は一昔前よりも速くなってきています。それに応じて公務員だけでなく、普通の勤め人のサラリーマンも夕方から夜の時間を持て余している!という人が徐々に増えてきているようです。※ちなみに一人暮らし用の賃貸情報収集には東京リアルタのサイトを使いました。高級賃貸が中心ですが10万円前後の一人暮らし用の1K、1ROOMタイプも扱っていて、サイトも使いやすいのでお勧めです。

友達もあまりないし恋人もいない。
夕方からの時間を毎日ダラダラとテレビやインターネットをして過ごしているだけ、、、。気がつけま1年が経ち今年も特に何もないまま終わってしまった。。。。そんな寂しい1人生活ライフに終止符を打ちましょう!独り暮らしでも時間の使い方によっては生活をもっと充実させることができますし、それによって人生をもっと楽しくなります!もし、あなたがいまそう言う問題抱えてるのであれば当サイトをぜひご覧ください。きっとよい解決策が見つかると思います。

dd-jpg

趣味などで1人の時間を充実させる
一人でいるのが好きだ!という人はあなたの言う事にも1人ぐらいるんじゃないでしょうか? 1人でいるのが好きな人の特徴にやはり抜群に時間の使い方がうまいというのがあります。読書、映画、日帰り旅行等々、美術館巡りや繁華街の散策、はたまたひとりで夜の飲み屋に行ってみたり、、、、、 ひとりでの楽しみかたというのはコツみたいなのがあって、まずひとりでいること恥ずかしがらないと感じられるようになるのが第一歩です。

映画読書なんて1人で行っても面白くないと思ってる人もいるでしょうけれども、誰にも気をつかずに自分の見た映画や本読めるというのはそれはそれでやはり面白いものです。また、相撲や歌舞伎、オペラなど、なかなか友達とはいかないようなところに敢えてチャレンジしてみるのも良いでしょう。何よりもまず、ひとりでやってみよう!という意気込みが重要です。あと個人的にオススメなのは、オンラインで世界中の人と繋がれるネットゲームです。インタネットゲームと聞くとちょっと印象がよくなく、おそらく周囲の人はやめた方がいいと判断するかもしませんが、実際やってみるとものすごくはまれます。

FacebookやTwitterなどもそうですが、リアルの人間同士の付き合いからだんだんオンライン上でのコミュニケーションの取り方はだんだんと進化してきたように思います。実際やって寂しさを補完する、楽しみを共有するといった付き合い方から、実際合わなくてもそういった楽しさを感じることができるようなインフラが整いつつあるんじゃないでしょうか。オンラインゲームもその1つだと思います。正直、あまり印象良くなるかもしませんが、みんなで共同作業してゴールを目指すのは興奮しますし、何よりも世界中の人間とコミュニケーションとれるのが非常に素晴らしいと思います。

no3958

犬や猫などのペット飼ってみる
犬や猫などのペット飼ってみるのは寂しさを紛らす手段としては、即効性も強くまず間違い無く解決できるアンサーの1つだと思います。しかし、やはり生き物は使うと言うのはそれ相応の責任を負わなければいけませんし、生活が変わったからといってその責任から逃れることはできません。犬であれば小型犬でも10年、中から大型犬であれば15年は生きるのが普通です。

まず、犬を買う段階として、ほんとに15年もの期間自分が責任をもって面倒見ることができるのか?ということを考えてください。あと、犬や猫を自分の子供のように溺愛してしまう人はいますが、やはり犬や猫はペットでしかなく、子供のような存在にはなり得ません。溺愛しすぎるあまり、他の生活が疎かなってしまい、本当に重要な出会いや人間関係の構築が疎かなってしまったりするケースが多々見られます。意味や猫を飼うというのは確かに解決手段としては非常に優れているのですが、それ相応のリスクを負うことも覚悟しておいてください。寂しさを紛らわしたいという理由だけでそこに解決策を求めるのは個人的にはちょっと違うかなと思います。

dds-s

街コンなどに参加して恋人や友人を見つけてみる
最近は街コンなどがブームになっています。街コンのように異性との出会いを直接求めるような場所でなくても、こういった交流会のようなものに参加して交友関係を広めていくのはいいのじゃないでしょうか。ただ、そういった場所で人間関係がゼロの状態から短い時間で次につなげるのは実はすごく難しいです。新たにそれ相応の魅力がなければ難しいですし、それは相手が男性だろうが女性だろうがかりません。

同性同士であったとしても次回また飲みにいきましょう!とか、連絡を取り合いましょう!というような人間関係を作っていくには、それなりにハードルが高いかなと思います。ただ、やはり前向きに行動してみるというが必要ですし、出来る出来ないがもやってみなければわかりません。そういった、前向きな気持ち、行動こそをとっていればいつの間にか寂しさを感じることもなくなっている様な気もします。

一人暮らしはさびしいけれど工夫でどうにか乗り切るしかない。
結局のところ家族のもとを離れて一人暮らしを始めるというのはさみしさが伴います。それをどうやって埋めるかは人それぞれですが、時間の使い方であったり、没頭する何かを見つけたり、誰かと時間や空間を共有することであったり、いろいろな工夫で乗り切るしかないのです。それが自然にできる人はいいですが、僕のような不器用な人間やこれを読んでいるあなたのような人は、なかなかうまくいきませんので意識してやっていくしかないと思います。

現代社会で生まれた新たな一人暮らしの問題・・・

一人暮らしの老人が深刻な社会問題になりつつあるのはご存知でしょうか。かつての高度成長期の日本を象徴するような3世代が同居する拡大家族の形は今は失われ、核家族を中心とする少人数での生活形態が非常に多く見られるようになってきました。特にその中で問題になっているのが、冒頭で触れましたように老人の一人暮らし問題です。

身寄りのなく、また、友人もいない老人が一人で生活していくのはとても困難です。現在でもすでに国全体で対策を問ていかなければならないような社会問題化しつつあるのですが、未婚率の高まり(2015年現在の東京30台の女性の未婚率は約60%)などを考えると、今後、この問題はどんどん深刻になっていくことが想像されます。また、新たに問題になってきているのがそういった方の相続問題です。生活苦で借金をしてしまった場合など、相続によりその債務も引き継がれます(引き継がない場合は放棄の手続きが必要です)。また、子もなく身寄りのない老人の相続の場合は遺産の引き受け手が血縁上とても遠い方になってしまいます。そういった場合、良くも悪くもトラブルが起きやすく、場合によっては弁護士の介入も必要です。遺産相続のトラブルを解決専門家に相談出来るサイトなんかもあります。

若人の一人暮らしは希望に満ち溢れてた、人生の転機を象徴するようなそんな明るいイベントではありますが、その裏では(その先の人生には)、こういった深刻な問題が存在しているということを忘れてはいけませんね。